マンゴスチンについて

マンゴスチンは、チェリモヤ、マンゴーとともに、世界三大フルーツとされます。

果物の女王と呼ばれることもあります。
昔、七つの海を支配した大英帝国のビクトリア女王が、タイを念頭に、「我が領土のマンゴスチンをいつも味わえないのは、無念だ」と言ったとされ、それ以来、女王の果物と呼ばれるようになったそうです。
白い果肉で、ライチにも少し似ていますが、上品な味と香りで、もっと濃い味で、とろりとしているさまは、優雅な女王の果物の名にふさわしいようです。

このようにマンゴスチンは生食がふさわしいのですが、ジュースやゼリーにもされますし、半解凍の冷凍のまま食べるのも美味しいとされます。

ただし、皮が固いので、食べ頃を見極めるのが少し難しいですね。女王が嘆いたように保存性が悪いので、食べ頃を見極めてください。熟成が進むに従って、赤や赤黒に色が濃くなりますし、また皮が固すぎるのは古い物です。少し柔らかいくらいが良いそうです。

ビタミン、ミネラルが豊富ですが、特徴として抗酸化作用があるキサントンが含まれています。
また、食欲を抑える働きもあるそうですので、ダイエットにも最適かも知れません。

本日のマンゴスチンのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期によっては、激安販売がひとつも検出されない場合もあります)