赤飯について

赤飯はもち米と小豆などを組み合わせたご飯です。
元々は古代米の赤米を炊いたものが赤飯であったようですが、赤米は作られなくなり、小豆を入れて赤くしてお祝いに使うように成ったようです。

古来より赤い色には邪気を祓うと信じられてきました。ですから、還暦のお祝い事などに赤いちゃんちゃんこを着たりします。また、神社の鳥居や神殿は朱で塗られることが多いのです。赤は呪術的なものでもありました。
米は天からの恵みであり、とても価値の高い食糧とされています。そのため、古代米の赤米を神社などにお供えする事が普通でした。

もちろんお供えだけでなくお祝いには赤米を食べていた思われます。しかし、次第に白い美味しい米が普及し、赤米は作られなくなってきました。
しかし、赤いご飯をお供えしたり、お祝い事に食べたりする風習はに残り、小豆などで色を付けて、赤いご飯、赤飯になったうようです。
ちなみに赤飯にゴマをふるのは、本当は赤米で作っていないのを誤魔(ゴマ)化すことから来ているようです。面白いですね。
代用食ならぬ、代用お供えになったようです。

本日の赤飯のアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期によっては、激安販売がひとつも検出されない場合もあります)