インゲン豆について

中南米原産で、日本には17世紀ごろ伝わりました。インゲン豆は低脂肪高タンパクの食品として知られ、バランス良く様々な栄養価を含んでいます。白インゲン豆に多く含まれるファセオラミン・ファビノールの炭水化物の吸収抑制効果があると言われ、インゲン豆ダイエットも存在します。

インゲン豆は、さやのまま、天ぷらやおひたしなどにしたり、乾燥した豆を煮たり、あんを作って和菓子などにします。

インゲン豆の保存は、さやのままのものは、冷蔵庫や、下ごしらえをして冷凍保存をします。
乾燥したインゲン豆は、密閉容器に入れて、冷暗所で保存してください。

本日のインゲン豆のアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期によっては、激安販売がひとつも検出されない場合もあります)