オクラについて

オクラの原産地はアフリカです。エジプトでは紀元前2世紀から栽培されていたと言われ、歴史のある野菜です。
日本へは、江戸時代の末期ごろに伝わりましたが、ねばねばや、青臭さのため敬遠され、一般的に食べられ始めたのは1970年ごろからです。
今では代表的なねばねば野菜として人気になっています。

この刻んだ時に出るぬめぬめした粘り気ですが、正体は、ペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす効果があります。
その他の栄養素としては、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、カリウムなどのミネラルなどが主なものです。夏ばての防止や、便秘、下痢の防止などの整腸作用があります。

切ってサラダや天ぷら、炒め物などに利用されます。薄めにスライスして、削りカツオを振り替えて醤油を掛けても美味しいですよ。

生のオクラは低温に弱いのですが、新聞紙にくるんで、又はラップして野菜庫でも大丈夫です。しかし、軽く下ゆでして冷凍保存がもっとも良いでしょう。

本日のオクラのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期により、激安販売がひとつもない場合もあります)