カリフラワーについて

カリフラワーはアブラナ科アブラナ属の植物で、野菜として、観賞用として栽培されます。花キャベツと呼ばれることもあります。
原産はよく分かっていません。突然変異で生まれた品種の可能性もあるとされます。

ビタミンCが多く、レモンにも負けません。同じような野菜のブロッコリーのほうがビタミンCは多いのですが、カリフラワーは組織がしっかりとしていて、加熱してもビタミンCの減少が少ないので、同程度の量になります。ビタミンCは、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止などに効果があります。

最近では似た野菜のブロッコリーの人気が出てきて、カリフラワーの作付け面積が大幅に減っています。

生のカリフラワーは常温(20℃以上)で保存すると、つぼみが開いて風味が落ちますので、ラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。
長く保存したい場合は、小房に分けて軽くゆで、冷凍します。

本日のカリフラワーのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期により、激安販売がひとつもない場合もあります)