ブロッコリーについて

ブロッコリーは、野生のキャベツを改良して作った野菜で、花のつぼみと茎を食用にします。
栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーはビタミンCをレモンの2倍も含みます。
他には、カロテン、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなども含まれます。また、カリウムなどのミネラル分も豊富です。

つぼみと茎では火の通り方が違いますので、ゆでるときは切り分けてから、茎を先に鍋に入れ、ある程度火が通ったら、つぼみの部分をいれます。茎もやわらかくなり、栄養もたっぷりなので、残さず使い切れます。

日本では茹でてマヨネーズを付けたりするサラダ、あるいは天ぷらなども行われますが、欧米では生食のサラダもされます。

生のブロッコリーは常温に弱いので、早めに冷蔵庫に入れます。冷蔵庫程度では、花がさくこともありますので、軽くゆでて冷凍保存が一番持ちます。

本日のブロッコリーのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期により、激安販売がひとつもない場合もあります)