穴子(あなご)について

うなぎの持っているほとんどの栄養素は、穴子も持っています。

穴子には、DHA、EPA、ビタミンA、亜鉛、カルシウムが豊富に含まれています。うなぎに比べ、ビタミン類は少ないですが、もちろん、穴子の方が多い成分もあり、夏ばて解消には、穴子も候補になります。
ビタミンAはうなぎは圧倒的ですが、穴子も100グラムで一日の必要分をほぼ賄うほどで、ビタミンAの多い魚です。

うなぎと穴子の一番の違いは、脂肪分です。穴子の脂肪分は、うなぎの半分です。だいぶ淡泊なうなぎが穴子と言う感じです。もしくはヘルシーなうなぎと言ってもよいでしょう。
ですから、ダイエット中なら、穴子の方が最適です。ダイエット中に鰻丼が食べたく成ったら、穴子丼で代用が良いかも知れません。

穴子は蒸して寿司種にし、江戸前にはなくてはならない物です。その他に天ぷら、煮穴子、穴子丼、ゴボウ巻き、茶碗蒸し、卵焼きに入れたりします。
穴子もウナギと同じく、熱に弱い若干の毒素をもっていますので、生食はしません。

穴子の保存は、冷蔵庫で数日、ゆでたり蒸したりしてあるものが多いと思いますが、その状態で冷凍保存が一番です。一ヶ月以上持ちます。

本日の穴子のアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期により、激安販売がひとつもない場合もあります)