お肌と健康には湿度が大切

冬は温度が低くて、湿度も低いですよね。エアコンなどで暖房をすると、さらに湿度が低くなりますね。

さて、この湿度が低くなる、つまり、乾燥するということは、肌にも健康にも様々な問題をもたらしますよね。

と言うことで、少し調べて見ました。まず、ウイルス。風邪のウイルスやインフルエンザのウイルスは、湿度が高いところでは感染しにくい、不活性になってしまうということです。
湿度が高いと死んでしまうと書いてある所もありますが、元々ウィルスは生きていないので、活性化不活性化と言う事です。

諸説、色々ですが、少なくとものどや鼻の粘膜は湿度が低いと脱落して、ウイルスに対する効果的な防御が出来なくなるようです。そして、湿度が高いと、浮遊しているウイルスが落下してしまうと言う事も確かみたいです。

加湿器とは

加湿器には、色々なものがありますね。気化式、スチーム式、超音波式などがあります。

気化式というのは、濡れたタオルを干しておく見たいな原理のものです。自然に蒸発させるみたいな、ろ紙のようなものに水を湿らせておくようなものとか、冷風扇のようなファンで風を送り、ぐるぐる回る水に浸した布を回転させるものとか。能力的にちょっと、ファンがあるものはうるさいです。

スチーム式は、電熱で水蒸発させるものですね。ストーブの上にやかんを乗せておくような原理のものです。電気代が心配。それと危ないかな。

超音波式は、振動で蒸発させるものです。コストも安く、能力もありますので、理想的ですが、汚い水でも撒き散らかしますよね。ちゃんと清掃していないと、かえって雑菌をまき散らかします。
他に、方法を組み合わせたハイブリッド式もあります。

まずは部屋の大きさに合ったものが大切です。
多くの加湿器は、能力が足りません。パーソナルタイプというような人の近くに置いて湿気を保つ個人用の加湿器は意味があるのかよく分かりません。

加湿したい部屋の大きさに大体あったもの、しっかりと加湿するならやはり基本なのですが、ここを押さえている方が少ないように思います。

少し加湿すれば良いと言ったところなのでしょうが、やはりインフルエンザなどの予防には湿度50%以必要なようです。これも諸説あり、60%が無難かも知れません。

ハイブリッド加湿器

そこで、こちらを選びました。ハイブリッド加湿器 フォルテミストです。

加湿器

選定理由は、適応畳数が11畳。ヒーター式と超音波式の両方で稼働、もしくは超音波式のみで稼働も可。タンク容量が大きい。イオン交換方式の優秀なフィルターが付いていて、衛生面で安心。設定湿度を自動で制御する。などなど。

まあ、一番の理由はデザインです。洋室にも、和室にも違和感がありません。色はブラウンを選びましたが、ホワイトもあります。

ただし水タンクの大きさは重要です。これは5リットル。連続使用で20時間ですが、普通に制御してオンオフしますので、2~3日以上は優に持ちますので楽ちんです。

フォルテミスト

数字が出ていますが、現在の湿度です。設定湿度の切り換え時には、設定する湿度が表示されます。

ご覧のように、吹き出し口は両方向に自由に替えられます。現在は左右に飛ぶようにしています。

ハイブリッド加湿器 フォルテミスト普通、60%設定で使っていますが、撮影のために40%にしています。42%ぐらいでぴたっと吹き出しが停まりました。以外にコントロールは小刻みです。

もっとも搭載されている湿度計がどれだけ正確かにもよりますよね。部屋の湿度計と比べましたが、まあまあかな。と言っても部屋の湿度計が正確という事も言えませんので、まあまあ、両方があってる感じ。お互いにそこそこじゃないでしょうか。

ハイブリッド加湿器 フォルテミスト

大容量。マイクロミスト、湿度コントロール、ハイブリッドなどの説明シールが貼ってありました。これは剥がす前に撮ったものです。

ハイブリッド加湿器 フォルテミスト

操作は、タッチパネルです。普通のスイッチですと、湿気で壊れますよね。

左から、オンオフのスイッチ。次は、能力の切り換えで、三段階に成っています。次が、設定湿度。5%ごとの刻みで、40%~75%の範囲で設定できます。最後が、ヒーターを併用するか、超音波だけで行うかの設定です。ヒーターも併用すると、穏やかな暖かみのある蒸気が出ますが、電気代の節約のために私は切っています。
もっとも、ヒーターを併用しても、ハイブリッドなので、消費電力は125ワットに過ぎませんけど。

ハイブリッド加湿器 フォルテミスト

水タンクを取り外したところです。左にある小さな丸い金色のものが超音波の振動子です。右上にブラシがセットされていますが、汚れたらこすって洗ってくださいと言うことです。

ハイブリッド加湿器 フォルテミスト

ミスタンクの裏側です。大きな丸い蓋がありますが、これを開けてタンクに給水します。蓋の裏側にはフィルターが付いています。

ハイブリッド加湿器 フィルター

これがイオン交換のフィルターです。濾材とイオン交換樹脂が入っています。優秀なフィルターですが、交換が必要になります。

フィルターなんて無駄と思われる方もいらっしゃるでしょうが、加湿器には、絶対に優秀なフィルターが必要です。
フィルターがないと、いつの間にかタンクに繁殖した雑菌を含めて、色々なものを空中にばらまいてしまいます。健康面だけでなく、白いカルシウムの結晶が部屋中の家具などについて、それはそれは大変なことになっていまいます。
これはイオン交換樹脂を使っていますので、カルシウムなどの不純物をミクロの世界で取り除いてくれます。

フィルターの使用期限は3ヶ月。もちろん使用頻度にもよりますが、ワンシーズン使えると思って良いでしょう。

蒸気口

こちらは蒸気の出る口を外して裏を見た所です。よく見ると、なにか調節できるようになっていますよね。隙間がありますが、回すと、小さくしたり大きくしたり出来ます。

蒸気口

この隙間を大きくすると、たくさんの蒸気が出ますが、比較的に水滴の大きなものも出ます。小さく、あるいはふさぐようなかたちで調節すると、マイクロミストだけ噴出します。

ミスト放出

蒸気のミストの出る方向は大きな口、小さな口、それぞれに回して方向を変えることが出来ます。

いかがですか、ハイブリッド加湿器 フォルテミストを見てみる。

交換用のフィルターは2000円ぐらいでしょうか。フィルターを確認

その他、様々な加湿器(適応面積と、水タンクの大きさに注目してください。)