最近の鍵は精密になっていて簡単に偽造できなくなっています。それと共にトラブルも増えているようですね。

鍵が抜けなくなったり、回らなくなったりと、いざという時に、どうにもならなくなったりします。経験してみると分かりますが、途方に暮れます。

私の場合は抜けなくなったというトラブルを何回か経験しています。

鍵屋さんに聞くところによると、精密キーは、年に一度ぐらいは、鍵穴用の潤滑剤を使うことが必要だそうです。

注意ですが、CRCなどの普通の潤滑剤は絶対に使ってはいけないそうです。埃が付着して鍵が壊れてしまうのです。

鍵穴に使うのは、鍵穴用の粉末潤滑剤。

粉末潤滑剤

何本目かですが、たまに鍵穴のメンテナンスに使っています。忘れたころにシュッと一吹き。以来、鍵のトラブルはなくなりました。

粉末潤滑剤

玄関の鍵にシュッ。

大体、一秒以内。入れすぎると、よけいトラブルの元です。心配なら、鍵にかけておいて鍵穴に差し込んで何回か回す、これぐらいでも良いそうです。

粉末潤滑剤

車のエンジンキーにシュッ。

古い車だと、鍵が回らない、抜けない、様々なトラブルがあります。鍵穴の中に埃をため込むんですね。

最近も家族の軽自動車で出かけたら、鍵が抜けなくて、鍵を付けたまま駐車するわけにも行かず、引き返してきたことがあります。帰ってきたらすんなり抜けて、なんだかなあですが、まあ、それで中身が切れていた粉末潤滑剤を買い替えました。家族の車にもたまにシュッとしておかなくては。。。勝手に乗るなって、、、?

もちろん、ドアの鍵穴にも。最近はキーレスで開け閉めをしますので、いざという時、電池が切れたとかで鍵で開けようとすると、あまり使っていなくて中が埃だらけで、鍵穴が回らないと言うトラブルもありそうです。

 

転ばぬ先の杖粉末潤滑剤を準備しませんか。

 

こちらは私の推薦する鍵穴のクスリです。