緑茶の栄養は語り尽くされています。

多くの有用な成分、カテキン、サポニン、テアニン、カフェイン、GABA、ビタミン類、ミネラル、クロロフィル、フッ素などが含まれています。

カテキンだけでも、血中コレステロールの低下、体脂肪低下作用、抗癌作用、抗酸化作用、抗菌作用、抗インフルエンザ作用、血圧上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、虫歯予防 口臭予防などなど多くの効能があります。

お茶の有効成分の効能を書いていたら、1ページ終わってしまいます。最近では、心臓病のリスク低減、記憶力の向上、糖尿病の予防などに良いとの研究成果も発表されています。

やはり、日本茶は、最高ですね。お茶は天からの授かり物です。

でもですね、やはり一日に5~6杯は飲んで下さいと言う事です。食事の後に一杯程度は、駄目ではないのですが、効能を期待するという面では、ちょっと物足りない感じです。

こんなに素晴らしいお茶は、出来れば、もっとたくさん摂取したいものです。そこで、、、

粉末茶というものがあります。粉になっていて溶かして飲むものです。小さな破片の粉茶とは違います。
これは茶葉を粉砕してすりつぶして作ってあります。原料の茶葉が違いますが、抹茶の製法と同じです。

もちろん、お茶好きの方に取っては、まがい物ですね。確かに美味しさの面では、いまいちです。回転寿司のお茶がこれになっている場合もあり、安手のお茶とも言えます。

でも、考えて見て下さい。これって、お茶の栄養が丸ごと取れますよね。茶葉を全部食べちゃうのと同じです。

お茶と考えるともう一つですが、まったく別の栄養ドリンクとして考えると、それなりに美味しいですよ。ミルクと混ぜて飲んでも美味しく、料理にも使えます。

粉末茶これを溶かして飲むと、いかにも栄養が取れそうです。
最近では、サプリメント代わりに、この粉末茶を飲む方が増えています。

粉末茶こんな感じの袋に入って売っているものが多いようです。缶入りやペットボトル一本分の小分けパック入りもありますが、袋入りが一番お得です。

粉末茶ムースや蒸しパンの作り方も書いてありました。

普通は湯呑みに適量入れて、お湯を注いで溶かして飲みますが、溶けにくいので、ペットボトルに入れて作っておくのが一番簡単です。お茶というより、普通のドリンク類と考えると良いと思います。

粉末茶たくさん入れても苦くはありませんでした。小さじ二杯ぐらいで良いでしょう。

ペットボトルで粉末茶半分ぐらい水を入れて、振って溶かし、また水をつぎ足ります。

ペットボトルは、口の大きなものが良く、探して手に入れると良いと思います。
私は写真のものとは別に、外国のミネラルウォーターのペットボトルで口の大きなものを見つけましたので、それを普段使いにしています。
プロテインのシェーカーでもよいと思います。

楽天で、色々な粉末茶を

私が購入して、記事で紹介しているのは、こちらの、【送料無料】徹底的コストカット。粉末状茶葉で、茶葉の栄養を丸ごと摂取!

濃く作っての苦くはありませんし、安価です。