割れせんべいってありますよね。割れてしまったものなので、格安で売りますってものです。

割れせんべいはお得?

贈答品ならいざ知らず、自分や家庭内で食べるものなら、割れていても、いえ、割って食べる面倒がないので、安いだけ得。

たしかに安いです。

たまにせんべいでもたくさん食べたいかな、お値段考えずにって時に、利用しますよ。味は同じな割れせんべい。

割れ煎餅

色々なこころが販売しています。これは開けかけですが、大抵は、こんな感じの適当な感じの梱包です。

割れ煎餅

でも、量だけはたっぷり。色々な種類が混じっていたりします。味は、製品により、それぞれですよね。まあまあのところから、美味しいところまで。

けっきょく割れせんべいってなに?

本当に色々なところが売っていて、世の中に割れせんべいって、こんなに多いんだな。

って、思った方は、お人好しですよ。

たしかに製造していれば、割れたりゆがんだりのものが出ます。だから、そう言うものも実際にありますよ。

でもね、今はほとんどが機械生産。そんなに大量販売するほど、割れせんべいは出ません。

もちろん、火箸で焼く手焼きならゆがみはたくさん出るかも知れませんが、そんな高級せんべいは、ゆがんでいても、それなりに高く売っちゃいます。だって、ゆがみは、手焼きの証明ですからね。手焼きで割れちゃうはあまりありませんしね。

ようするに、割れせんべいは、わざと割って(あるいは割れるように作って)特価販売をしているのです。だから、あっちでも、こっちでも、割れせんべいの販売。

せんべいって、すごく高いと思いません? 高級だから?

原材料を考えて見て下さい。伊勢エビとかはいっているなら別ですけどね。昔は一枚一枚手焼きで人件費が掛かっていました。でも、今は?

そうなんです。安く大量生産が出来るのです。

でも、、、せんべいって、それなりの包装をして、なんか高級そうな感じにして、贈答品とか、すごく高く売れるのです。なんて言いますか、まだ、せんべいは高くても普通ってイメージが染みついていますよね。たしかに手焼きなら人件費があるからそうなんですけど。

大量に安く出来るのですが、安く売ってしまうと、そうです。もう分かりましたよね。高いぼったくりの値段で売っているものが、その値段で売れなくなってしまうのです。

だから、割れせんべいなのです。不良品だから、安くしますよって。実際は、割るかいい加減な作り方をして割れせんべいを作っています。

こう言うからくりって、実は多いんですよ。

知らない人は、騙されています。だから、高い値段で買うせんべいは、ぼったくられています。

これはメガネでも同じなんです。昔は、ペンチみたいな道具でレンズを少しずつ割って、整形して磨いていました。だから、割れてしまうものが多く、その損料を含んだ値段設定だったのです。でも、今は機械。ミスはありません。

でも、昔の慣習価格で売っているところがあります。でも、最近は格安眼鏡店が出てきています。なぜそれほど値段が違うのかって、不思議だと思いませんでしたか?

まあ、こう言うからくりって、あるんですよね。と言うわけで、おせんべいは、割れせんべいを有効活用しましょう。

まあ、楽天でみてください。中には本当の割れせんべいもあるでしょうけど、楽天でもこんなに大量の割れせんべいはおかしいですよね。

また、こちらのサイトで毎日自動で訳ありの食品販売を調べていますが、やっぱりわざとって感じのものもありますよね。