とかく、トイレットペーパーはかさばります。そして、トイレットペーパーは取替が繁雑、芯が邪魔です。

トイレットペ-パーを買わなくて済むなら、お買い物時にかさばらなくて済みますね。
重い思いをして1パック買ってきても不思議に直ぐになくなります。誰ですか、取り替えたトイレットペ-パーの芯を転がしておくのは。芯を棄てるのも意外に面倒、手間ばかり掛かります。

業務用トイレットペーパーと言うものがありますが、主な特長は、手間が掛からないと言う事です。
安価であると言う事もありますが、手間が掛からないと言う事が業務用の使命です。

長く持つこと。つまり、ぎっしりと巻いてあります。もっと見れば、重いと感じるでしょう。だいたい、100mや150mは巻いてあります。
つぎに、多くの場合、芯がありません。芯なしです。もしくは芯をそのままトイレに流せます。

業務用と言っても、紙が粗悪品と言う事ではありません。サービスエリアなどのトイレを見てみても、ひどいトイレットペーパーはありませんよね。
多少、柔らかさが足りないかも知れませんが、大体の家庭のトイレも、シャワートイレなどのおしりの洗浄付きですよね。

実は今の時代のトイレットペーパーは、おしり洗浄などの水を拭き取るだけのものに成っているのです。
そう言うものに、究極の柔らかさは要りませんよね。
ここに気がつけば、家庭でも長持ちする業務用のトイレットペーパーを使えば良いと、単純な気づき。

業務用と要っても色々あります。花柄で花の香りがするような家庭用と変わらないものもありますが、巻きは長いですね。

業務用トイレットペーパー

私が最近お奨めしているのは、こちらです。

まず、一巻が150m巻きです。取替がほんとうに偶になりました。次ぎにコアレス、芯がありません。
こちらはシングルですが、業務用トイレットペーパーには、ダブルもありますが、ぎっりしと巻こうとすれば、シングルになりますので、ダブルは巻きの短いものしかありません。
私も以前、ダブル愛好者でしたが、今の時代、シャワートイレの水気を拭き取るだけですので、シングルで気にならなくなりました。必要だと思うだけ巻き取れば良いだけですし。

コアレス

こちらは、穴の回りを圧力で圧着させて芯にしています。段ボール状の芯がありません。

芯がないトイレットペーパーは主に二種類あります。芯の部分の紙を糊で固めているのものと、力を加えて圧着させて芯のような用途を持たせているもの。

糊で固めてあるものは、その部分は使えないので、芯のようになった紙が残りますが、そのまま、水洗トイレに流せます。
圧着して固めてあるのものは、上手に使えば最後まで全部使えます。面倒なら、流してしまうことも出来ます。

安いこと。もちろん、一巻き辺りの単価は高いのですが、保ちを考えると、とても安いです。

購入は、6巻入りを8パック。48巻ですが、家庭用の一番小さめな12ロールパックに換算すると4パック分。
これが約半年以上、保ちます。

業務用トイレットペーパー

場所を取りそうですが、このぐらいは、タンスの上とかどこかに置けると思います。もちろん長持ちですので小さな単位で買ってもよろしいですが、送料の問題もありますからね。
この記事に紹介はこちらのコアレストイレットペーパー8パック 48ロール

お試しの1パック購入はこちらのページ、コアレストイレットペーパー 1パック 6ロール

他の、業務用トイレットペーパーは、楽天でこちらの業務用トイレットペーパーを見て下さい