甘栗について

甘栗は、砂糖と共に煎った栗のことを言います。多くの場合、シナ栗を熱した小石の中で砂糖や糖類をかけながら煎ったものです。

栗は6000年程前から、世界中で食されていて、日本でも縄文時代頃から食用になっていました。しかし、甘栗のような食べ方は中国が発祥のようです。
これはシナ栗が、日本栗のように渋皮が実に密着しないので、煎ってから手で剥いて食べることに向いていたからです。この甘栗は日本に1900年頃から伝わっています。
この煎った栗は、天津甘栗と呼びますが、これは日本独特の言い方で、天津港に集められて日本に出荷されたことから来ています。
今では、このシナ栗由来の種が品種改良され、日本でも栽培されていて、色々な甘栗が作られています。シナ栗より、大きくて甘い栗もたくさんあります。

日本栗も品種改良で渋皮が取れやすい栗が開発されていますので、今日ではシナ栗でないと甘栗で出来ないわけではありません。

本日の甘栗のアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。