だだちゃ豆について

だだちゃ豆は大豆の種類です。さやの毛が茶色で、見栄えは良くないのですが、風味が有り、甘みも強く人気があります。日本一おいしく、日本一高価な枝豆とも言われます。生産地が限られ、保存性も良くないので幻の豆とも言われてきました。加工することもありますが、枝豆として食べることが多いようです。
栄養価は枝豆とほぼ同じですが、うまみ成分であるアミノ酸の一種「アラニン」が普通の枝豆より多く含まれています。枝豆のページもご覧下さい。

だだちゃ豆の名前の由来は、お父さんを庄内地方の言葉でだだちゃということから来ているとされます。
美味しいのでまずだだちゃに食べて貰う豆、あるいは、殿様があまりの美味しさに、どこのだだちゃが作ったものだと聞いたからということなど、様々な説がありますが、お父さん、おやじを意味するだだちゃが語源であるのは確かのようです。

だたちゃ豆の保存は、軽く湯がいて冷凍庫がよろしいです。冷凍製品のものは、そのまま冷凍庫で保存して、解凍してから食べます。

本日のだだちゃ豆のアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期によっては、激安販売がひとつも検出されない場合もあります)

山形県産 訳あり 家庭用 だだちゃ豆 500g×2 たっぷり1.0kg 【SC】

山形県産 訳あり 家庭用 だだちゃ豆 500g×2 たっぷり1.0kg 【SC】
4,082 円 (税込) 送料込
商品情報 商品概要 その昔、城下町・鶴岡が庄内藩だった頃、枝豆好きな殿様が城下から毎日持ち寄らせては「今日はどこのだだちゃの枝豆か?」と聞いていたことから、だだちゃ豆と呼ばれるようになったといわれています。商品名 訳あり だだちゃ豆 内容量 500g×2 計1.0kg生..
楽天ウェブサービスセンター