インスタント麺について

インスタント麺は、短時間にお湯だけで煮たり、もしくはお湯を注ぐだけで食べられる麺類の総称で、即席麺とも言います。袋に入った袋麺や、食器兼用のカップに入ったカップ麺があります。

製法としては、油で揚げて乾燥させたもの、フリーズドライ製法などがあります。世界で最初のインスタント麺は、日清食品のチキンラーメンで、今でも販売されていて人気があります。発明したのは、同社の創業者、安藤百福氏です。これに感謝して、日清食品の社内食堂では、メニューがチキンラーメンにしかない日が月に一度あるそうです。

さて、今では世界中でインスタント麺が生産され、食べられますが、やはり日本、日本メーカーが生産などに関与することが多く、日本がインスタント麺で圧倒的です。これは、安藤百福氏が製法を一社で独占していては、大きな産業に育てることは出来ないと、製法特許を公開したことによります。
これで一気にインスタント麺を生産する会社が日本で生まれ、また数多くの工夫がされ、バリエーションも豊かになり、美味しいインスタント麺が市中にあふれました。

本日のラーメンのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。