ピーラーは使用されていますか? 皮むき器のことですね。
もちろん要らないと言えば、要らないのですが、包丁などで皮を剥くより早いし便利ですよ。

このピーラーなのですが、もちろん、100円ショップでも売っています。しかしですね。やはりしっかりしたものと、100円ショップで売っているものは別物です。切れ味が違います。ストレスが違います。ですから、料理のできあがりも味も、雲泥の差、、、ですよね?

良いピーラーは滑るような切れ味です。今まで貝印のSELECT 100 T型ピーラーを使っていました。素晴らしい切れ味で感動します。切れ味の保ちも良いですよ。しかし、やはり少しずつ切れ味は落ちていくもので、、、

ピーラーは包丁と違って、研げないのです。
どうしても、やがては買い替えが必要です。切れ味が悪いものを無理をして使っていると、変に力が入って、ピーラーと言えども手を切ります。いや、ほんと、私はやりました。

では、切れ味を限りなく追い求めるのではなく、十分な切れ味を保つ時間を考えて見ると、セラミックピーラーは良い選択ではないかと。。。

もちろん、セラミックもやがては切れなくなります。でも、ものすごい長い間切れ味を保つんですよね。

セラミックピーラー

購入したのは、こちら。もちろん、京セラです。
まあ、実際問題、優秀なセラミック刃物は、京セラ以外に選択肢はないですよね。

切れ味長持ちと書いてあります。
セラミック包丁が登場したとき、研ぐ必要がないって触れ込みでしたが、当然、研ぐ必要はあります。セラミック包丁が始めて登場したときは、家庭で研ぐ方法がなかったので、と言うのが真相です。
もちろん、今は研ぐことが出来るセラミックにも使える強力な研ぎ器がありますよね。京セラ電動ダイアモンドシャープナー

セラミックは固すぎて、前は研げなかったのですし、仕方なく、研が無くてもいいと、言ったら嘘ですが、微妙な、あながち嘘とも言い切れない、保ちの良さ。 これがセラミックです。

セラミックピーラー
説明にも「ファインセラミックだから刃の摩耗が少なく、シャープな切れ味でお使い頂けます」と、書いてありますよね。

もちろん、鵜呑みにしませんが、少なくともセラミックはかなり保ちます。
包丁では、研ぐ必要がないと、いまだに思っている人もいるぐらい、、、実際には、研ぐ必要が生じるころには、不用意に使って、刃が欠けたり、破損したりするんですよね。これが研ぐ必要が無いという、あからさまな真実ですね。この欠けやすさを減少させたセラミック包丁が、 京セラハイクオリティバージョンですけど。

まあ、ともかく、ピーラーなら、それほど使わないですし、欠けるような使い方もしません。ですから、かなり保つのではないかな。5年、10年と。。。

これがセラミックピーラーにした理由です。保つのであれば、100円ショップで切れ味の悪いものを買うより、実質安い、快適。

セラミックピーラー

いつの間にか、鋭く安くなっていました。もっと早く買えば良かったですね。値段を見てみますか、セラミックピーラー

安いでしょう。切れ味が長く続くものが、この値段ですよ。

セラミックピーラー

セラミックの刃はこんな感じ。本体の色や形状は、色々あります。

肝心の切れ味ですが、やはり、優れもののSELECT 100 T型ピーラーには、負けます。なんだ、負けちゃうんですか、と思った、あなた、気が早いですよ。

いえいえ、鋼のものは、だんだんと切れ味が落ちていきます。実際、うちの使い古したT型ピーラーには勝ちます。まあ、使い古していても、100円ショップのピーラーには勝ちますけどね。

記憶にある、感動の切れ味には負けますが、セラミックピーラーは充分満足出来る切れ味が長く、長く続くはず。それに包丁と違ってセラミックと言えども、刃を欠けさせることもないでしょう。

ピーラーは、セラミックピーラーを推薦しますよ。楽天でセラミックピーラーを見てみる。