たけのこについて

竹の子と書くとおり、稲科の植物の竹の新芽です。

孟宗竹(もうそうちく)、淡竹(はちく)、真竹(まだけ)、根曲がり竹(ねまがりだけ)寒山竹、(かんざんちく)などの新芽が食されますが、一般的なのは、孟宗竹や真竹です。
市場に出回るのは、ほとんどの場合、肉の厚い孟宗竹です。ずんぐりとしてずっしりと重いものが良いでしょう。

たけのこは低カロリー食品で、食物繊維が豊富です。ダイエットや便秘にも良いです。
また、たけのこの果肉の表面に白い塊があることがありますが、これはチロシンです。脳を活性化し、子供の脳の発達にも役立ちますので、取り除かずに食べましょう。

たけのこのあくの取り方は、ぬかを使い、箸が通る程度に湯がいて一晩そのままにします。ぬかが無い場合は、お米のとぎ汁でも大丈夫です。皮を取った後に湯がくと、小さめの鍋でもあく取りが出来ます。中の柔らかい皮、姫皮は食べられますので、上手に利用します。

生のたけのこは早めにあくを取った後、水の中に浸して冷蔵庫で保存します。
しかし、保存性は良くありませんので、あくを取った後、場合によっては、密閉して冷凍しますが、冷凍すると食感は落ちます。

本日のたけのこのアウトレット販売の調査結果

商品の詳細、あるいは購入は、写真又は店舗名をクリックして下さい。
(時期が短いので、激安販売がひとつもない場合が多くあります)